生活習慣病

生活習慣病とは?


生活習慣病とは、高血圧、糖尿病、脂質異常症(高脂血症)、高尿酸血症・痛風といった生活習慣や体質によって起こる慢性疾患のことをいいます。


生活習慣病は無症状な事が多く、また病気が進むと様々な合併症を引き起こします。
特に心臓病、脳卒中、大動脈の病気、腎臓病などの重篤な病気のリスクが高まります。


治療については生活習慣やライフスタイルを変える事から始めますが、食事の取り方、内容、運動の種類や量、嗜好品(たばこやお酒)、睡眠時間、ストレス管理に至るまで、幅広く考えていく事で効果的に進める事が出来ます。


当院では、生活習慣の見直しやアドバイス(食事療法や栄養指導)をはじめ個々の患者様にとって適切な診断と治療、管理を行います。

生活習慣の改善が予防につながる


2000年3月、厚生労働省が生活習慣病の予防、健康づくりに焦点を当てた「健康日本21」を策定するとともに、2001年8月には、その基本方針を基に大阪府の地域特性を踏まえた具体策「健康おおさか21」を策定。
これまでのように病気ごとに予防、診断・治療対策を行うのではなく、「生活習慣病」の総合対策として、例えば「塩分を控える」「喫煙率を下げる」など、国民の生活習慣の改善を訴え、病気の発症そのものを防ぐ施策に取り組んでいます。


「生活習慣病」は、生活習慣だけでなく、環境や遺伝的な要因も複雑に関与して います。しかし、そのなかで最も関わりの深いのは、やはり生活習慣です。まずは自分の毎日の生活を見直し、できることから少しずつでも改善していくことが 大切です。

病気をチェック!心臓の病気


心臓は体全体に血液を循環させるポンプの働きをしている大変重要な臓器です。
1回の収縮で約60ミリリットルの血液が送り出され、1分間に60~80回収縮し、 約5リットルの血液量が全身に送り出されています。拍動の回数は1日約10万回、一生の間には40億回以上も打ち続けることになります。

当然、年齢とともに心臓も疲れてきます。動脈の壁は弾力を失い硬くなってきます。

さらに、血管にコレステロールやカルシウムがたまって内側が狭くなり、血液がスムーズに流れなくなります(動脈硬化)。

成人病としての心臓病には次の3つがあげられますが、一生お付き合いする大切な心臓ですから、これからも食生活、運動、ストレスなど、日々の生活習慣を見直しましょう。


・心臓になんらかの異常が発生して、脈が乱れてしまう ⇒ 不整脈


・動脈硬化の影響で心臓に血液が流れなくなる ⇒ 狭心症・心筋梗塞

病気の貯金箱


クリニック概要


おおさか循環器内科生活習慣病クリニック


[ADRESS]〒272-0023 千葉県市川市 南八幡1-23-10


[TEL]047-320-3211 [FAX]047-320-3213


[最寄駅] JR総武線、都営新宿線「本八幡駅」徒歩15分
京成線「京成八幡駅」徒歩20分


診療時間 09:00 ~ 13:00 / 15:00 ~ 18:00
休診日 水曜、土曜午後、日曜・祝祭日


診療時間
09:00 ~ 13:00
15:00 ~ 18:00


診療予約


QRコードで簡単アクセス


患者の気持ち